ブライトエイジの販売店での値段って?その疑問にスペシャルアンサー!

ブライトエイジの販売店はどれくらいあるの?

なんてことをよく聞かれます。

 

販売店があることって

実は便利なようでデメリットもあるのですよ~。

 

それは私たちが買う値段にも大きく関わってきます。

 

 

 

ブライトエイジは販売店がない!

実はブライトエイジ、

オフィシャルサイトの通販のみの取り扱いで、販売店はありません。

 

「えーっ販売店ないの!?超不便!!!」

 

と不満爆発のそこのあなた、

販売店を構えることが必ずしも私達消費者の利益になるってこともないのですよ!

 

それは私のような値段が安ければ安いほどいい♪

なんて考えの人間にはとくに大事な問題になってきます。

 

 

 

販売店があるデメリットって?

販売店で商品が買えることには

メリットもあればデメリットも生じてきます。

 

それはブライトエイジにおいても例外ではありません。

 

販売店と聞くとどのようなものを思い浮かべますか?

 

あるひとにとっては地元の小さな薬局かもしれませんし、

またある人は、デパートのファーストフロアを答えるかもしれませんね。

 

もちろんブランドだけで販売店を

設けられるような商品もありますよね。

 

しかしどの販売店でも例外なく行っているのが、

どの商品を店頭に並べるかという

選定作業と商品を仕入れるという作業、利潤の検討です。

 

 

化粧品の仕入れ価格は販売店が在庫を抱え、

売り切れず赤字になるリスクを示しています。

 

販売店から業者に返品ができない商品は

実はみなさんが思っているより相当多いのです。

 

したがって、例えばロゴがリニューアルされるだけでも

販売店は値段をディスカウントして売り切ることを義務付けられるのです。

 

また、当たり前のことですが、販売店での値段は

業者からの仕入れ値よりも高くなります。

 

つまり、販売店が多く利潤を得るためには、

この販売価格の差をすこしでも多くしなければならないのです。

 

 

販売店を設けることは同時に人件費が発生することが避けられません。

 

この人件費が実は商品の値段に大きく関わっているのです。

 

身近なところを考えてみても、たくさんの人を雇って

余裕のあるサービスをしてくれるレストランはそれ相応の値段がしませんか?

 

 

さて、販売店で商品を売ることがどれだけ私たちが

商品を買う値段に関係してくるかおわかりいただけましたか?

 

 

ブライトエイジはネット販売だけだからこの値段

多くの方にとってブライトエイジは

決して超安いー!という商品ではないでしょう。

 

しかし、この成分量を安心の有名会社の長年の努力によって

小さな容器に詰め込んだ商品なのに、

この値段で販売することが可能となるのはオフィシャルサイトのみでの販売であるからです。

 

 

また、作られた会社から直接買うことができるのは安心ですよね。

 

 >>ブライトエイジは定期購入で返金保証付!

 

 

 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ